Q&A

ベニチュウくんの先輩社員質問チュウ

会社のこと、就活のこと…
紅中について知りたいあれこれを
ベニチュウくんが紅中の先輩社員や
社長に聞いてみました。
気になった質問を
チェックしてみてくださいね。

RECRUIT

価値
世界けたい仲間
募集チュウ

Q1

営業ってどんな仕事?

A

毎日が新しい商品
人に出会える仕事!!

営業職に共通して言えるのは、常に出会いだと思います。
ヒト・モノから得たものを、さらにお客様のニーズに合わせて提案していくことは楽しさにつながります。

営業職(2009年入社

石田 慎二

Q2

紅中で働く面白さって?

A

チャレンジできる
環境がある会社です

やる気のある方にはチャンスがたくさんあります。総合空間創造企業としての面白みがあり、将来性のある事業、また社会的に大義がある事にはチャレンジをしてもらいたいと思っています。逆に自分のやりたいことが見つからず、会社の指示を待つようになると大変しんどい会社だと思います。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q3

有休はしっかり取れる?

A

スケジュール管理が
出来れば
ちゃんと取れます

担当するお客様がいるので、好き勝手には休むことはできませんが、スケジュール管理をしていればお客様にも社内にも迷惑をかけることはないので、有休をとることは可能です。
ちなみに私はスケジュール管理が出来ている方なので、ちゃんと取れています。

営業職(2015年入社

比嘉 健太

Q4

どんな人と一緒に働きたい?

A

元気よく挨拶出来る人と
働きたいです

私は、率先して「元気よく挨拶」することを心掛けています。
そうすることで、お客様や協力会社様の工場に訪問すると「こんにちは!」と元気よく挨拶して頂けることが多くあります。
その度に、気持ちよく挨拶して頂ける人たちと仕事が出来て良かったと感じています。

営業職(2017年入社

辻中 一馬

Q5

飲み会って多いの?

A

特別多くはないと
思います

社内での場合は、部署によって違いはありますが、特別多くはないと思います。ただ、飲み会もコミュニケーションの場の一つになっています。
また、営業職の場合は得意先や仕入先との会食も仕事の一つとなります。

営業職(2001年入社

須賀 剛士

Q6

入社までにやるべきことはある?

A

学生生活に思い残しなく
過ごすことです!

残り少ない学生生活を有意義に過ごしてください。
資格取得に専念するのもよし、旅行に行くのもよし、新たなチャレンジを試みるのもよし。すべての経験が働きだしてから意外なところで役に立ったり、話のネタになったりするものなんです。
今だからこそできることを探してみてください。

採用担当(2018年入社

千葉 遼子

Q7

残業は多いの?

A

配属部署や時期にも
よりますね

残業0とまではいきませんが、メリハリをつけた時間の使い方を先輩たちが教えてくれます。
私生活の充実も良い仕事をするための大切な要素です!

営業職(2013年入社

萩原 正敬

Q8

面接では
どんなところを見られる?

A

キャラクター(個性)を
見るようにしています

これまでの人生で経験してきた事、学んできた事、身に付けたものを、当社でどのように活かしてもらえるか、会社と個人が共にどう成長していけるかを想像しながら面接をしています。言葉づかい、身なり、立ち振る舞い、仕事観、家族との関係、友達との関係、社会性等々。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q9

転勤してよかったと
思えたことは?

A

色々な出会いの機会を
与えてくれた事ですね!

もちろん楽しい事ばかりではなく辛い事も沢山ありますが、知らない土地で新しい経験を培う事ができるのが転勤の面白さです。
その経験が今、確実に活かされていると胸を張って言えますね。「百聞は一見に如かず」。自分の眼で確かめた貴重な体験を自分のスキル向上に役立てる絶好の機会だと私は考えます。

取締役(1997年入社

楠瀬 寛

Q10

上司・先輩ってどんな存在?

A

なんでも相談できる
頼りになる存在

困ったことがあればフォローしてくれる、頼りになる先輩ばかりです。
以前、担当先で困った時に、営業所の先輩たちが相談にのり、フォローしてもらったことで無事に解決しました。私もそんな頼りがいのある先輩になりたいと思いました。

営業職(2017年入社

辻中 一馬

Q11

就活生にひとこと!

A

自分の職を見つけるには
時間が必要です

自分の仕事を決める事は難しい事です。ですが、人生では決めないといけない分岐点があります。決めてからが始まりです。決めた後はやり続ける。やり続ければ面白くなってくる。そして支援者が出てきます。本気になれば大抵のことが出来、嫌だったことも好きになり、本気の喜びや充実が味わえ、体験するからこそ自信が生まれてきます。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q12

辞めたいと思ったことはある?

A

ありますが
相談に乗ってくれる
仲間が大勢います

色々なことが有るので、辞めたいと思う事は少なからずあります。
でも、そんな時に「辞めたい理由がなんなのか?」「何が原因なのか?」「どうすれば一番良い選択なのか?」を親身になって話せる仲間がいる会社です。

営業職(2009年入社

石田 慎二

Q13

憧れの先輩ってどんな人?

A

常に自分の考え
目標を
もって仕事に取り組む人

フォローできる、周りを気にかけられる、場の雰囲気を盛り上げられるなど憧れる部分はたくさんありますが、一番憧れるのはしっかりと目標やプライドをもって仕事に取り組んでいる先輩です。先輩のように譲れない部分をしっかりと持って仕事に挑んでいきたいです。

営業職(2018年入社

井尻 裕貴

Q14

転勤・異動に
自分の希望は通るの?

A

チャレンジの気持ちは
考慮してくれます

あの部署は嫌だ、この仕事はしたくない等の理由での希望は通りませんが、あの部署で新しい仕事にチャレンジしたい等の気持ちは考慮してくれます。

営業職(2001年入社

須賀 剛士

Q15

研修って何をするの?

A

必要最低限の知識と
ルールを学びます

社会人として必要なビジネスマナーやPCスキルなどの一般的なことから、紅中社員として知っておく必要のある企業理念や社内ルール、配属されてから困ることのないように基幹システムの操作や業界・素材などの知識を身に付けていきます。
しっかりと学ぶので、焦る必要はありません。

総務人財開発室リーダー

中村 亮太

Q16

仕事は楽しい?

A

やっぱり大変ですが
楽しいこともあります

上司や同期、先輩・後輩など会社の仲間達と取り組む仕事は楽しいですよ!
大変なことも沢山ありますが、そんな時こそ「楽しんで仕事をする」ことでいい結果がついてきます。

営業職(2013年入社

萩原 正敬

Q17

社員として
どんな人が面白いと思う?

A

周りの方に良い影響を
与え続けられる社員

“紅中社員の考え方の当たり前 合言葉は「ABC+D」!”どれも決して容易なことではないですが、常にこれらの事を意識してくれる方は、社員としてだけでなく、人間としてもとても力のある方だと思います。事業を通して、人間力を高めていければと思います。

  • ABCとは(当たり前のことを馬鹿にしないでちゃんとやる)の頭文字です。Dとは(誰でも出来る当たり前の事を、誰も真似が出来ないレベルまで徹底してやり続ける)ことです。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q18

仕事で失敗した
エピソードはある?

A

あります
日々勉強です

失敗という失敗ではないですが、作業を始めると視野が狭まってしまうことがあります。
その時に先輩より「自身で整理し、何に困っているか明確にする」という言葉を頂きました。
非常に身に沁みました、今後も実践していきたいです。

営業職(2018年入社

中辻 拓人

Q19

社内にクラブ活動や
サークルってあるの?

A

クラブや
サークルといった形は
ありませんが…

「紅輪会」と言う、社員の親睦を目的に参加自由なゴルフコンペを年3回程度行っています。
また、営業所によっては社員同士でサーフィン・バドミントン・スノーボードなど、季節ごとに様々なスポーツを定期的に行っている所もあります。
社員同士でチームを組み、フル・リレーマラソン大会に参加している人たちもいます。

総務人財開発室リーダー

中村 亮太

Q20

就活の時
会社選びの軸はなんだった?

A

社風や
女性の働きやすさを
見ていました

私の就活の軸は、自分に合う会社かどうか。
会社の雰囲気、女性が働きやすいか等を見ていました。なので、会社説明会に行って「何か違う・・・。」と感じた会社の選考には進まないことが多かったです。

営業職(2017年入社

石井 千晶

Q21

今後の事業展開を教えて!

A

快適な人間空間を創る事

木と空間に関わる事をワンストップでサービスを提供し、社会に貢献していきたい。そのために、社員一人一人がワクワクしながら真面目に一所懸命仕事が出来る環境を時代にあわせて整え続けていきたいと考えています。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q22

紅中を志望したのはなぜ?

A

魅力的な家具・什器を
紅中で作りたい!

ものづくりが好きだったので、「総合空間創造企業」として様々なものを作っている紅中に魅力を感じました。
紅中は扱っている素材の幅が広く、魅力的な家具・什器が作れるのではないかと思い志望しました。

営業職(2018年入社

中辻 拓人

Q23

専門的な知識って必要なの?

A

専門的な知識は
必要ありませんでした

住宅のことに興味があったのでこの会社を選んだものの、専門的な知識は全くありませんでした。
入社してから、研修や勉強会等が頻繁にあったので、積極的に参加しました。あとはメーカーのショールームへ行ったり実際に物をみて勉強しました。入社してからいろいろ学ぶので、それまでに専門的な知識は必要ないです。

営業職(2017年入社

石井 千晶

Q24

ノルマってあるの?

A

「ノルマ」はあります。

営業会社である以上、営業マンそれぞれに「ノルマ=目標数字」があります。
目標数字を達成する為に社員一丸となって、日々の業務に取り組んでいます。

営業職(2015年入社

比嘉 健太

Q25

社長から見て
紅中社員はどんな人たち?

A

会社の事を
好きでいてくれる
社員がすごく多い

素直で優しい人が多く、また明るく個性豊かな社員が多くいると思います。興味があれば動き出すし、興味が無ければ、社長の指示でも動きません。社員同士もとても仲が良く、なんやかんや言いながらも尊重し合って、助け合いながら職場を皆で作ってくれています。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q26

就活で苦労したことは?

A

自己分析に悩みました

就職活動のはじめの一歩ともいえる自己分析。
今までゆっくり自分自身を振り返るといった機会がないだけに、とても苦労しました。良いように見せようとするとどんどん悩んでいって・・・。
しかし、当社の面接の時、ありのままの自分で勝負しようと思ったことで、より自分のことが分かった気がしました。

採用担当(2018年入社

千葉 遼子

Q27

面接で何をアピールした?

A

提案力、新しいことへの
チャレンジ精神!

学生時代にボランティア団体を立ち上げ、会長を務めた経験もあり、様々な企画を考えたりと色々なことにチャレンジしてきました。紅中はグランピング資材や、SSD Project(木材製材事業)など新しい分野にどんどんチャレンジしている企業なので、その一員として頑張っていきたいということをアピールしました。

営業職(2018年入社

井尻 裕貴

Q28

紅中の変わらない部分・
変えたくない部分を教えて!

A

自分の
やりたいと思う事を
やれる環境がある会社

仕事は誰かにやらされる事をするのではなく、自分が相手の事を考えてやりたいと思う事をする。自分の周りの方(はた)を楽にする為にやる(はたらく)事が仕事。総合空間創造企業として当社の社員がやりたいと思う事を一所懸命やれる会社で在り続けたいと思います。

代表取締役社長

中村 晃輔

Q29

入社直後と今で
心境のギャップはある?

A

仕事に対しての不安感が
なくなりました

入社当初は業界のことも全く分からず、不安なことばかりでしたが、先輩・上司のアドバイスや色々な経験をすることで不安感がなくなりました。

営業職(2015年入社

比嘉 健太

Q30

紅中で働く上で
必要なスキルはある?

A

一言で言えば
行動力』です

自分から動かないと前へは進みません。
行動力を磨けば新しい発見に繋がります。また、新たな課題が見つかります。新たな発見や課題は自分を活性化させます。発見や課題に立ち向う事で解決する術を学ぶ事が出来ると私は思います。

取締役(1997年入社

楠瀬 寛