VENICHU PEOPLE

社員インタビュー

若手にもどんどん
仕事せてくれる
やりがいをじます

採用担当

千葉 遼子

2018年入社

本社 総務人財開発室

  1. 2018年
    本社
    総務人財開発室

入社
る」チカラ

紅中とは、就職活動を始めた当初に合同説明会で出会いました。私は会社の規模だったり知名度にはこだわりがなくて、社員の雰囲気だったり、自分が働くことが想像できることに重点を置いていました。だから、働きやすさを感じられるかどうかはすごく重要なポイントだったんです。就職活動中は、一般事務も少し自分のキャラとは違うし、営業でバリバリやっている姿も想像できませんでした。でも、紅中で面接しているときに「総務に向いてるかもしれないね」と言われ、私の適性をすごく見てくれているんだなって感じたんです。入社したら本当に総務に配属となって、驚きました。
面接のときから、「人を見る」会社なんだと思っていましたが、その一方で堅いイメージも抱いてもいました。でも、実際はまったくそんなことなかったんです(笑)。職場内での上司や先輩の接し方は柔らかで、新人の私にも同じ目線で話してくれるんです。もちろん会社ですから厳しいときもありますが、それを素直に愛情だと感じられる。まだ1年目ですけど、紅中に入社してよかったなって思っています。

いいアイデアは即実行
それが紅中スタイル

私は今、会社の採用活動に携わっています。大学で開催される合同説明会に参加したり、大学の就職課に訪問したり、実際の新卒採用の選考にも立ち会っています。昨年までは自分が就活生だったのに、急に逆の立場になって戸惑うことばかりですが、それでもやりがいを感じることができています。1年目の新人に採用活動を担当させることはあまりないと思うんですけど、紅中では「新人らしい意見をどんどん出して」と言われているので、わりと率直に自分の意見を言わせてもらってるんです。それは、先輩たちが私と近い目線になって物事を考えてくれているからできているんです。私が特別に優秀というわけではなくて、先輩方のサポートがなければ、ここまでできていなかったと思います。とても個性的な先輩が多い職場ですけど、若手がすんなりとなじめる雰囲気があって、だからこそ意見もしやすい。ただ意見を聞くだけではなくて、ちゃんとアイデアを反映してくれるからやる気も起きるんです。実は、インターンシップのプログラムを考えたのは私なんですよ。

成長必要なのは
りたい気持

私も経験があるんですけど、就活中は周りが気になって流されたり、緊張して自分を表現できなかったりすることが多々あります。入社して仕事をしていく上で、私は「完璧なんて最初から求められていない」ということに気付きました。紅中は建材商社ということで、仕事内容が理解されづらい会社でもありますし、住宅関連の専門用語も飛び交います。でも、そういった知識は私もありませんでしたし、入社前から勉強する必要もありません。素直に先輩方の話を聞く姿勢と、自分から積極的に知りたいって思える人なら、紅中はきっと成長できる環境だと思います。そうして成長していく中で、自然と自分の意見やアイデアって生まれてくると思うんです。私も今、採用活動をする中で紅中をいかに知ってもらうかを仕事にしています。私を通じて多くの学生に紅中に興味を持ってもらう。そのためには、もっともっと私が紅中の仕事を、人を、魅力を知りたいんです。そういう意識を共有できる人と一緒に仕事できたらなって思っています。

1日のスケジュール

08:30

出社

清掃・来客チェック

08:45

掃除・体操・朝礼

毎朝、ラジオ体操からスタート。部署内全員で朝礼をおこないます。

09:00

デスクワーク

日々異なりますが、採用活動やその他で必要な資料・準備物の作成。来客対応、電話対応、総務内の細かい作業もおこなっています。

12:00

昼食

先輩社員と一緒にお弁当タイム

13:00

大学訪問(合同説明会に参加)

大学の就職課で現状をお伺い。(まだまだ勉強中です。)合同説明会に参加するときは、毎回どんな学生さんにお会いできるかワクワクします。

17:00

帰社

帰社するとすぐに資料・情報の整理・メールチェックをおこないます。新入社員の私にとって、大学訪問後の資料・情報の整理はとても大切な作業です。

17:30

退社

明日の予定をチェックして、身の回りの整頓をしたら帰宅します。その後は、友人と食事に行ったり、寄り道してお買いものしたりしています。

休日の過ごし方

まとまったお休みには海外旅行!

韓国が好きなので、旅行やコンサートに行ったりします。

RECRUIT

価値
世界けたい仲間
募集チュウ